ビギナー駐在員日記

海外ビギナーサラリーマンが海外赴任をすることになりました

阳澄湖へ行く

上海蟹の産地として最も有名なのが阳澄湖という場所になります。街中の上海蟹売り場を見てても阳澄湖大闸蟹といった感じに看板がよくかかってていて、いわゆるブランド品です。

 

f:id:chanmanao:20161201011119j:image

 

街中の上海蟹売り場。街中のは假冒といって偽物がとても多いみたいですけどね。

 

ちょうど家族がまた上海に遊びに来てくれたので、会社の中国人同僚が阳澄湖に連れてってくれました。場所的には江蘇省になるので、上海からは車で1時間ちょっとくらいです。

 

f:id:chanmanao:20161201012301j:image

f:id:chanmanao:20161201012329j:image

 

こんな感じでのどかな場所です。

 

にしてもこのエリアはとにかく蟹屋が多い。湖から少し離れたところに巴城といって上海蟹レストランが居並ぶ場所があります。100店舗近くありそうですが、どうやって差別化してるんでしょうかね。。

 

 f:id:chanmanao:20161201012450j:image

 

写真はごくごく一部。こんな感じに店が連なってます。この中の龙豪蟹王楼というお店にいきました。

 

f:id:chanmanao:20161201012700j:image

 

とりあえずまずは蟹を選びます。季節的にはもうすぐ終わりみたいです。今週は雄が良いとのことでした。週によって雄雌どっちが美味しいとかあるらしいですが、そんなに違いがあるかは正直よくわからないです。

 

f:id:chanmanao:20161201013150j:image

 

蟹選び。ここでチョイスした蟹が食卓に上がります。上海蟹は蒸して食べます。

 

f:id:chanmanao:20161201013342j:image

 

蒸しあがりの画。やはり味噌がウマスです。食べるのはかなりめんどくさいですけどね。

 

おそらく今年はこれで食べ納め。10月の初上海蟹から、3回くらい食べる機会があり、贅沢の極みです。非常感谢。

 

重慶火鍋

会社の中国人同僚が、重慶火鍋を食べにいこうと誘ってくれたので、ありがたやとばかりにご一緒させてもらいました。

 

重慶火鍋は初です。特徴は麻辣、痺れて辛いというやつですね。例えば成都の火鍋との違いは、成都は麻辣ではなく、辣(麻ではない)なんだとか。

 

f:id:chanmanao:20161119121427j:image

 

重慶老高九火鍋」というお店にいきました。週末ということもあってか、混んでて、最近は上海でも四川とかあっちのほうの火鍋が人気らしいです。注文もiPadだったりと、便利。けっこうタブレット注文スタイルのお店は多いです。

 

f:id:chanmanao:20161119122628j:image

 

火鍋。

 

辛さでいったら、結構辛めのレベルでしたが、美味しくいただきました。いやはや、火鍋最高ですね。

 

f:id:chanmanao:20161119123146j:image

 

締めは汁なし担々麺。

 

ではでは。

 

打高尔夫球

赴任後初めてとなるゴルフへ。

 

中国でのゴルフは3回目です。一回目は9年くらい前に親戚が香港に住んでいた時に惠州で。二回目は5年くらい前にやはり上海にて。

 

日本にいた頃もほとんど行かなくなってしまっていたので、スコアは年々悪くなってるものの、久々にやると楽しいですね。

 

キャディーさんが、ボールを池にいれるごとに「みず、みず」と言っていたり、「ドライバー、一直一直(まっすぐ)」などと無理難題を言ってくるのが個人的には愉快でした。

 

f:id:chanmanao:20161113141123j:image

f:id:chanmanao:20161113141202j:image

 

写真は前から気になっていた美罗城の中にある中華。リフレッシュな1日です。

誤訳日本語

時々昼ごはんを食べに行く和食屋があるのですが、メニューを眺めていたところ、

 

f:id:chanmanao:20161110221042j:image

 

「六線格闘を始める魚」

 

・・・

 

ってかたぶんほっけですよね。

 

誰かチェックする人間はいないんでしょうかね。(こういった中国あるある的なミスは、決して嫌いな感じではないものの)

 

髪を切る

最後日本で髪を切ってから2ヶ月ちょっとが過ぎました。そろそろ髪切りに行きたいな、とのことで人生初の海外散髪です。

 

上海で髪を切ろうとすると、以下の3チョイスのどれかになると思います。

 

➀日本人の美容師に切ってもらう

➁日本語可の中国人美容師に切ってもらう

➂日本語不可の中国人美容師に切ってもらう

 

せっかく中国に赴任したことだし、ここは➂行ってみようかな・・・などといった気にはまだ全然なれなかったので、とりあえずは無難に➀選択でいきました。(嫁氏からは、➂一択でしょ、的な厳しいお言葉ありましたが。。)

 

ネットで調べるといっぱい日本人美容師のいる美容室でてくるんですよね。そのうちの一軒に電話していってみました。上海は日系のお店はほぼ日本語オッケーなので、すごく便利です。中国語の勉強が進まない原因かもしれませんけど。

 

さてさて結果はというと、日本と全く変わらないサービスを受けることができました。ただし値段も日本並。美容院だけじゃなく、ストレスなく色々なサービスを享受できるあたり(お金さえ出せば)、上海は日本人にとって生活しやすい街とのことになるんでしょうね。

 

 

f:id:chanmanao:20161105220631j:image

 

写真は今日のお昼、近場のウマスな重庆系麺屋さん。杂酱面(中辣)24元。隠れて見えないですが、麺の下にしこたま辛いやつが入ってます。

 

ではでは。

上海やきそば

今日はクレジットカードを作りに銀行に行ったものの、必要書類が足りずに一旦断念。

 

前に銀行の口座を作りに行った時も居留証がなければダメとかではねられたりしたのですが、どんどん手続きが面倒になっているようです。

 

銀行口座なんかは、昔はパスポートだけあれば外国人でもすぐに作れたみたいですが、今は全然変わってしまったとのこと。

 

それで銀行行った帰りに、ついてきてくれた同僚と昼ご飯を食べにいったのですが、とてもローカル感溢れるナイスなごはん屋さんでした。名前忘れましたが、有名らしいです。とても混んでました。

 

f:id:chanmanao:20161103203919j:image

f:id:chanmanao:20161103203955j:image

f:id:chanmanao:20161103204002j:image

f:id:chanmanao:20161103204021j:image

 

僕は日本にいる頃から上海やきそばが好きで、こっちに赴任してきてからも機会あれば食べてます。すごく美味しい店もあれば、全然なところもあり、両極端ですね。今日はかなりウマスでした。

 

現地の人で賑わってる店は美味しいです。1人で入るのはなかなか難しそうですが、1人でいけるくらいに中国語ができるようになりたいですね。まだまだ全然わかりません。先は長い。

大闸蟹

上海蟹のことを中国語では大闸蟹(da zha xie)というらしいのですが、上海蟹は今がまさに季節とのこと。

 

この季節になると街の至る所に上海蟹屋さんが突如として開店し(生きた蟹が水槽に入って売られてる)、季節が終わるとまた違う業種の店舗に切り替わるという不思議な現象が起こるようです。

 

ということで、人生初、上海蟹を食べに連れていっていただきました。

 

f:id:chanmanao:20161023142316j:image

 

こいつです。

 

とても美味しかったですが、食べるのがかなり面倒です。手が蟹くさくなりました。

 

季節物だから年に1〜2回食べれば十分だよ、といった噂は聞いていましたが、その理由もなんとなく納得です。また来年ですかね。