ビギナー駐在員日記

海外ビギナーサラリーマンが海外赴任をすることになった話

まもなく赴任

だいぶ時間がかかりましたが、まもなく赴任の時を迎えようとしています。

出張ベースでちょこちょこ現地には行っていたものの、いざ赴任となると寂しさが募ってきますね。嫁氏からは、「ちょっと油断するとセンチな顔をしている」などと言われる有様です。

さておき、引越、役所手続、銀行関係、保険関係、手荷物パッキングなど、あらかた赴任準備が済んで、少しだけ時間が空いたので、子どもが通っているサークル活動に顔を出してみることにしました。

これは1歳〜2歳児が集まって、歌や踊り、工作などを楽しむ活動です。子どもが集団活動をしているのを見るチャンスはなかなかないので、良い機会だと思い、連れていってもらいました。

これくらいの年齢の幼児は、心のおもむくままに行動するので、次に何をし始めるか予想できず、見ていてとても楽しかったです。我が家の娘も最初はビビっている様子でしたが、徐々に調子を上げていき、最後の方には本領発揮してました。子供の成長は本当に早いです。

 

f:id:chanmanao:20160911023504j:image

 

そして久々、僕の大好きな「陳麻家」にいきました。ここ最近、日本で食べに行っておきたい場所へ色々な方々に連れて行って戴きましたが、最後に中華で締めるというのは、きっと中国にはご縁があったということなのでしょうね(最終出社日の夜も大変お世話になった中華料理屋に連れて行って戴きました)。

 

ひとまずは思い残すことなく、日本を出発できそうです。本当にありがとうございました。引き続きよろしくお願いします。