ビギナー駐在員日記

海外ビギナーサラリーマンが海外赴任をすることになった話

張家界旅行 1日目

ちょっと前になりますが、湖南省の张家界にある武陵源に行ってきました。武陵源アバターの舞台になっている場所ですが、昔から行ってみたかった場所の一つで、今回は北京に駐在している大学の同期と一緒に週末弾丸旅行です。

 

金曜日。仕事終わり後に浦東へ。浦東発の東方航空に乗って张家界の荷花空港まで飛びます。

 

f:id:chanmanao:20170329002224j:image

浦東空港。赴任後国内線は初めて乗りました。国内線で3時間程度ですが、機内食なんかも出るんですね。

 

f:id:chanmanao:20170329002406j:image

张家界の空港には22時過ぎ頃到着。小さいですが、新しく綺麗。同期とは現地空港待ち合わせだったので、バッゲージクレーム抜けたところで合流。なぜか彼はスーツにビジネスバッグ一つしか持っておらず、完全なるサラリーマンスタイルのまま。聞くところによると、本来は一回荷物取りに戻る予定が、仕事長引き、戻る時間なくなり、しょうがなくそのまま来たとのこと。企業戦士の鑑です。

 

f:id:chanmanao:20170329003042j:image

f:id:chanmanao:20170329003118j:image

张家界市内。空港からタクシーで15分くらい。一律50元?程度。市内はやたらホテルが多く、夜は一見ラスベガスみたいです。

 

f:id:chanmanao:20170329004318j:image

なぜか部屋には牛乳が常温で置かれていました。。基本的に何でも抵抗なく飲み食いしますが、これは手を出しませんでした。ってかニーズあるんだろうか。。

 

f:id:chanmanao:20170329003148j:image

それで夜食がてら湖南料理を食べに街をぶらつき、三沙锅というローカル料理を食べます。湖南料理は激辛で有名で、日本ではあまり馴染みありませんが、上海でもたくさんお店あり、会社の人たちとよく食べにいくのですが、中国にきてからハマっている料理の一つです。本場で食べれて嬉しい限りです。

 

初日は到着が遅かったこともあり、これで終了。次の日には武陵源まで移動するため、早々と(といっても0時をまわってましたが)就寝しました。