ビギナー駐在員日記

海外ビギナーサラリーマンが海外赴任をすることになりました

はま寿司と北朝鮮レストラン

上海にはいくつか回転寿司のお店があるのですが、我が家はよく天山路✖️威宁路にあるビンゴ広場のはま寿司に行きます。

 

f:id:chanmanao:20180223004719j:image

日本のはま寿司と同じ。一皿10元なので、為替考えると日本よりは少し高め。

 

f:id:chanmanao:20180223005223j:image

中国人のお客さんが多く(日本人より比率的には全然高い)、週末はいつ行ってもすごく混雑してます。並ばずに夕食として食べようと思ったら、16時くらいには行かないといけません。17時を回ると1時間待ちは当たり前。

 

f:id:chanmanao:20180223005606j:image

春節休み中にも一度行ったのですが、写真では伝わりにくいものの、かなり混んでました。みんなお寿司大好き。

 

f:id:chanmanao:20180223005732j:image

外国の回転寿司と侮ることもできず、クオリティは非常に悪くないです。嫁氏曰く「地元(日本)の100円回転寿司より美味しい」とのこと。

 

訪問回数は10回を超えましたが、一度もお腹を壊したことはありません。サイドメニューも豊富。財布に優しく、ヘビーユーザーになりつつあります。

 

さて、話は少し飛ぶのですが、ビンゴ広場のはま寿司トイメンにはもう一軒レストランがあります。

 

f:id:chanmanao:20180223013946j:image 

f:id:chanmanao:20180223014059j:image

おなじみ北朝鮮レストラン。

 

北朝鮮レストランは古北にもありますが、ビンゴ広場のお店の方が値段設定はリーズナブル。入口でチマチョゴリを着た北朝鮮のお姉さんが客引きしてます。話を聞く限り、やはりここも表演(ショー)があるとのこと。

 

以前に吉林省旅行した際の北朝鮮レストランでは表演を見れなかったこともあり、「次回こそは行ってみよう!」とビンゴ広場訪問の度に考えはするのですが、ついついはま寿司に流れていってしまうので、なかなかご縁がありません。

 

chanmanao.hatenablog.com

 

f:id:chanmanao:20180223011806j:image

通路を挟んで左側が北朝鮮レストラン。右側がはま寿司。

 

北朝鮮レストランもお客さんは入ってるものの、はま寿司の盛況ぶりに比べるとどうしても寂しい感じがすることもあり、個人的にはこの通路を「リアル38度線」と呼んでいます。いわば社会主義と資本主義のせめぎあいですね。

 

リアル38度線は子供の遊び場(有料で砂遊びや金魚すくい、簡単な工作などできる)となっていまして、これもまた、なかなかにシュールな光景であると感じさせられるポイントです。

 

ではでは。

春節の風物詩

まだニャチャンにいるのですが、暇つぶしがてらネットサーフィンをしていたら、中国におけるリゾートの代表格たる海南島において、いかにも春節らしいこんな写真が載っていました。(2018年のものかは不明)

 

f:id:chanmanao:20180218203537j:image

 

f:id:chanmanao:20180218203518j:image

 

いくらニャチャンに中国人が多いからと言って、全然でしたね。。。

 

さておき、元々はニャチャンのメインランドから少し離れた島に滞在していたのですが、明日早朝の便で上海に戻るため、本土に拠点を変更しました 。

 

f:id:chanmanao:20180218204648j:image

f:id:chanmanao:20180218204821j:image

天気がいまひとつ。

 

f:id:chanmanao:20180218204902j:image

エリア的にはグッとローカル感が強くなっており、アジアらしくていい感じです。欧米人が多い。

 

休みの終わりが刻一刻と近づいてきました。。

ニャチャンで春節(テト)

ベトナムで年越ししました。

 

こちらの地も中国と同じく新年を迎えてます(テト)。

 

ニャチャンというホーチミンから飛行機で1時間程度のリゾート地に来ているのですが、非常に悪くないです。

 

f:id:chanmanao:20180217094859j:image

f:id:chanmanao:20180217095026j:image

ここはもはやハワイですね!(ハワイ行ったことないけど)

 

ニャチャンは中国人に人気のリゾート地かつ春節期間なので、周囲の95%は中国人。ホテルの従業員(当然ベトナム人)もガンガン僕らに中国語で話しかけてきます。我々よりも中国語がよっぽど上手い…

 

なお、場所によってはお約束の光景も…。

 

f:id:chanmanao:20180217104618j:image

f:id:chanmanao:20180217104805j:image

f:id:chanmanao:20180217104733j:image

知人に微信で写真送ったら、「海南島か!」との熱いコメントが返ってきました。

 

新年快乐! 

甘粛省・寧夏回族自治区旅行 4日目 銀川の空港

4日目は朝7時半に銀川空港を出発する便だったため、朝5時半にホテルをチェックアウト。

 

f:id:chanmanao:20180214223738j:image

値段も3千円ちょっとで、費用対効果の良いホテルでした。空港までの送迎サービスもあり。

 

f:id:chanmanao:20180214223947j:image

銀川空港。

 

f:id:chanmanao:20180214224034j:image

程よいサイズの空港。東方航空で帰ります。

 

f:id:chanmanao:20180214224127j:image

機内食

 

f:id:chanmanao:20180214224226j:image

裏を見ると清真の表示が。(寧夏)回族自治区との路線だけあって、ハラルフード。

 

(前から気になってましたが、この清真の記載があるお店は上海にもたくさんあるのですが、本当にハラルフードなんですかね・・・)

 

そうこうしてるうちに上海到着、旅行終了。

 

今回行ったシルクロードの一帯は、他にも敦煌や张掖、新疆など見所満載のはずで、機会があればまた行こうと思います。

 

さておき、中国はやっとのこと明日から春節休暇に入ります。街はお祭りムードで、中国人スタッフはもちろん、我々日本人駐在員も浮かれ気分です。

 

f:id:chanmanao:20180214225241j:image

我が家も雰囲気を出すために貼ってみました。(マックのだけど)

 

f:id:chanmanao:20180214225700j:image

どこもかしこも新年の装いです。

甘粛省・寧夏回族自治区旅行 3日目③ ミニ天安門

西夏王陵から市内へタクシーで戻り、南関清真大寺で下ろしてもらいました。

 

f:id:chanmanao:20180214004926j:image

回族=イスラム族なので、モスクです。

 

f:id:chanmanao:20180214005643j:image

モスクにいるおばちゃんから、お祈りする場には観光客は入れない、といった注意を受けました。窓から見るだけ。

 

f:id:chanmanao:20180214005931j:image

下の建物に少し見学ができるスペースがあります。メッカのカーバ神殿の模型が飾ってありました。色々話しかけられたものの、意味がよく分からず。

 

さておき、この南関清真大寺のすぐ近くに、銀川で行ってみたかった場所があります。それがこちら。

 

f:id:chanmanao:20180214010535j:image

南大門。ミニ天安門というか、偽天安門というか、北京の本物と比べてどこかチープでいい感じです。

 

f:id:chanmanao:20180214010759j:image

こっちは北京の本物。

 

南大門はどうしても行ってみたかったものの、正直写真撮ったらおしまいのため、やることがなくなってしまいました。幸いこのあたりは銀川の中心地で、結構賑やかなため、散策します。

 

f:id:chanmanao:20180214011152j:image

f:id:chanmanao:20180214011356j:image

f:id:chanmanao:20180214011528j:image

怪しげな遊具が…

 

f:id:chanmanao:20180214011653j:image

…?

 

f:id:chanmanao:20180214011747j:image

…中国らしい、大らかな光景です。

 

f:id:chanmanao:20180214012106j:image

f:id:chanmanao:20180214012141j:image

f:id:chanmanao:20180214012247j:image

イベントなどやってる。

 

f:id:chanmanao:20180214012343j:image

こんなとこにもメイソウが。

 

そんなこんな、散歩も飽きてきたのと、次の日飛行機が朝早いことから、宿を空港近くにしてたため、早々と銀川市内から退散。タクシーで空港方面に向かいます。

 

f:id:chanmanao:20180214012609j:image

夜行列車で銀川に朝着いてから、動きっぱなしだった3日目でしたが、これでおしまい。

 

一応4日目に続きます。

甘粛省・寧夏回族自治区旅行 3日目② 西夏王陵

蘭州・銀川旅行の続き。

 

銀川でタクシーの親父に牛肉面をおごってもらった後、目玉観光地である西夏王陵に到着。銀川駅からは寄り道しないで多分1時間弱くらい。

 

f:id:chanmanao:20180211024054j:image

西夏王陵の入口。昔、香取慎吾がやってた映画西遊記のロケ地みたいです。

 

f:id:chanmanao:20180212010206j:image

乗り捨てられたofo(シェア自転車)が。誰がこんなところまで乗ってきたのでしょう(しかもおそらく片道だけ)…

 

f:id:chanmanao:20180212010407j:image

チケット売り場の看板。

 

f:id:chanmanao:20180212010525j:image

チケット売り場。携程で調べた限りでは時間的にはもうオープンしてるはず…が、他の観光客は皆無。売り場に入ってみたら真っ暗でやってないかと思いきや、窓口が一箇所だけひっそり開いてました。ネットで購入すると安かったため、購入していたチケットを取るだけ。

 

f:id:chanmanao:20180212234928j:image

入口。人がいません。。

 

入口を抜けると西夏王陵内における移動手段のミニバスが待機してるので、乗り込みます。

 

f:id:chanmanao:20180212235446j:image

まずは5分程走って、博物館前で下ろされます。

 

f:id:chanmanao:20180212235652j:image

しゃちほこがありました。日本しゃちほこのモデルとの話も。

 

f:id:chanmanao:20180212235835j:image 

博物館を出てから道なりにいくとまた別の展示物がある建物にたどり着きます。

 

f:id:chanmanao:20180213000036j:image

f:id:chanmanao:20180213000119j:image

B級スポット的様相。こんなもんはメインの目的でもなんでもないのですが、こういったアジア圏でよく見かけるチープな人形類は、不思議と気になってしまいます。

 

f:id:chanmanao:20180213000249j:image

こちらがメインの西夏陵(3号坑)。

 

f:id:chanmanao:20180213000839j:image

良く言えば中国版のピラミッド。いつか世界遺産になるかも。観光客は本当に誰もいませんでしたが。。

 

この他にも1号坑・2号坑があるのですが、3号坑からはかなり離れてるので、再びバス移動します。

 

バス乗り場に行くと、運転手の親父たちが休憩小屋で報告書的な何かを一心不乱に書いており、書き終わるまで待機小屋の中で待たされました。

 

f:id:chanmanao:20180213003416j:image

ミニバスで15分程度走ると、1・2号坑に到着します。

 

f:id:chanmanao:20180213003605j:image

f:id:chanmanao:20180213003657j:image

f:id:chanmanao:20180213003744j:image

今回は遭遇できませんでしたが、時々ここにはリアルなラクダが歩いてるらしいです。(ラクダのうんこはそこらじゅうに落ちてました)

 

結局ここでも他の観光客はおらず、専有していたミニバスで入口まで戻りました。

 

f:id:chanmanao:20180213004303j:image

タクシーの親父と合流し、市内まで戻ります。西夏王陵見学おしまい。

淮安でスパ

江蘇省の淮安というところにきてます。

 

f:id:chanmanao:20180207083731j:image

上海からは南通を越えて、さらに奥深く行く感じで、遠いです。

 

2018年の国慶節くらいに高鉄が通るようですが、今はまだメインの交通手段は車(飛行機はでてる)となります。

 

淮安までは休憩込みで約6時間かかるのですが、初めて高速の服务所(サービスエリア)に入りました。普段は、車で行くとしてもせいぜい蘇州・杭州までなので、休憩なしです。

 

f:id:chanmanao:20180207085640j:image

場所名は忘れた。

 

基本的には日本のSAと一緒。トイレやら飲食店や小さいスーパーなど。

 

f:id:chanmanao:20180210003644j:image

フードコート的な食事の場所もありましたが、今回は麺屋に行きます。

 

f:id:chanmanao:20180210003830j:image

毎度お馴染みのメニュー表。ローカルの中華食堂だと大体こんな感じです(ここはだいぶ綺麗なものの)。

 

f:id:chanmanao:20180210004154j:image

麺の受取場所。

 

f:id:chanmanao:20180210003748j:image

青椒肉丝面。ウマス!

 

さておき食事後は、再び車で一路淮安へ向かいます。

 

朝10時に上海を出て、淮安に着いたのは結局16時でした。仕事自体は1時間程度で終わっただけに、疲労感でいっぱい。

 

f:id:chanmanao:20180210100607j:image

宴席、淮安料理。麺が特にグッド。

 

この後仕事相手から、知り合いの老板がやってるサウナがあるから行こう!と言われ、日本語が全くできない中国人数名となぜか風呂にいくことに。

 

f:id:chanmanao:20180210100933j:image

車で宿泊先から20分程度。マイナス3度と激しく寒い。

 

f:id:chanmanao:20180210122321j:image

けっこうな片田舎のため、期待しないで行ったら施設は非常に豪華で清潔。淮安というなかなか行けない中国の片田舎のスパで、中国人と裸の付き合いをするなど、非日常にあふれておりましたが、非常满意でした。