ビギナー駐在員日記

海外ビギナーサラリーマンが海外赴任をすることになりました

上海ディズニーランド

遅ればせながら、上海ディズニーランド行ってきました。

 

f:id:chanmanao:20171116022626j:image

場所は浦东空港近く、11号線の終点。電車はディズニー仕様になっていますが、偽物グッズを売るおばちゃんがけっこういるなど、いい感じに混沌としてます。

 

f:id:chanmanao:20171116022906j:image

今回は2日券を買いました。土日祝・平日で値段が違うため、金曜土曜の2日で785元。前日にアプリ(大众点评)で購入。嫁氏はちょっと前にシーズナルパス(3ヶ月?)を購入済。

 

f:id:chanmanao:20171116023603j:image

入場前にまずセキュリティを抜けるのですが、セキュリティを抜けた後のエリアにダフ屋(写真では赤い服に黒ジャケットのおやじ)、ファストパス売り、偽物グッズ売りがやたらいます。ゲストとは明らかに動きが違うので一目瞭然。ここらへんは中国仕様ですね。

 

f:id:chanmanao:20171116024136j:image

ゲート付近。偽物グッズ売り(主にミニーちゃんの耳を売ってる)が、「中で買うと98元だけど、ここで買うと10元だぞ!」などと言葉巧みに営業を仕掛けてきます。

 

f:id:chanmanao:20171116025431j:image

パーク内に入ったらちょうどパレードをやってました。娘(2歳9ヶ月)はアナ雪にはまっているため、アナとエルサで大興奮。

 

f:id:chanmanao:20171116030101j:image

まずはカリブの海賊へ。既に一度上海ディズニーに来ていた嫁氏曰く、日本のとは全然違うとのこと。カリブの海賊に限らないみたいですが、2016年オープンということもあり、プロジェクションマッピングを駆使するなど、色々と良い方向にアトラクションがハイテク化しているようです。

 

f:id:chanmanao:20171116030217j:image

f:id:chanmanao:20171116030258j:image

かなり面白かったです。ここだけでも来る価値ありますね。

 

f:id:chanmanao:20171116030448j:image

続いてアナ雪のショーを見にいきます。これも日本と違うところですが、色んな種類の劇場がありまして、たくさんディズニー作品をテーマにしたショーをやっている次第です。ちなみにここの列にも偽物グッズ売りのおやじが紛れ込んでいました。

 

f:id:chanmanao:20171116030851j:image

f:id:chanmanao:20171116031127j:image

アナ雪ショー。オール中国語ではあるものの、お馴染みの歌が多いので、中国語分からずとも楽しめます。二日間で計3回見ました。娘は「随它吧〜(ありのまま〜)」「好久没在我的生命里〜(生まれてはじめて〜)」などを中国語で口ずさむように。本当に子供は吸収が早い。

 

f:id:chanmanao:20171116031931j:image

f:id:chanmanao:20171116032004j:image

ミニーとミッキー。加えてミートザミッキーにも行きましたが、やはり本物はオーラがあります。以前に上海動物園で見かけたミッキーとは違います(あれはあれで悪くはないですが・・・)。

 

 

chanmanao.hatenablog.com

 

 

f:id:chanmanao:20171116032436j:image

ちなみにですが、パーク内の飲食物は非常に高いです。そのため我が家は一回パークから出て、迪士尼小镇(イクスピアリのようなもの)までごはん食べに行ってました。この日は安定と信頼の一風堂で晩ごはんです。

 

さておき、ディズニーランドの営業時間は20時までですが、20時から最後のショーをシンデレラ城でやるとのことで待っていたところ、、、

 

 f:id:chanmanao:20171116033429j:image

案の定カオス状態に。なぜかおやじの怒声が響いているなど(おそらく割り込みや押した押さない問題など)、ディズニーランドにそぐわない雰囲気もあり、混沌としておりました。

 

この日はトイストーリーホテル泊にしていたため、帰宅はせずホテル行きのシャトルバス乗り場へ。途中、駐車場へ向かう道が見えるのですが、人が多すぎて、国慶節中の万里の長城みたいになっていたり、道端でウンコしてる子供がいたりと、良くも悪くも中国ではありましたが、総じて上海ディズニーもなかなか面白いと感じた1日でした。

双11での買い物

日本でもたくさんニュースで取り上げられると思いますが、11月11日は双11といって、中国におけるネット販売が一番盛り上がる日です。

 

f:id:chanmanao:20171111173216j:image

淘宝のアプリを開けばこの通り。

 

中国のネット通販は本物も偽物も入り乱れていると言われますが、かなり面白くて、安いということもあり、普段の生活でもついつい色々とポチポチクリックをしてしまいます。

 

そんな中でも11月11日はちょっと特別で、ついついまた色んなものを買ってしまいました。

 

f:id:chanmanao:20171111173704j:image

靴やら掃除機やら子供のおもちゃやら生活用品やら。

 

そして一部の商品は双11当日(現在16時半)にもかかわらず、既に家に配送もなされております。中国、すごすぎるぞ…

 

アリババ(T-MALL)は開始3分間で100億元(約1,700億円)を売り上げたとのニュースを見ましたが、今年はどこまで数字を伸ばすのでしょうかね。色々と楽しいイベントです。

 

太湖と上海蟹

仕事で蘇州に行った際、用事があって太湖まで行きました。

 

太湖は中国の五大淡水湖の一つで、大きさでは中国3番目。琵琶湖の約3倍の広さを誇る巨大な湖です。

 

f:id:chanmanao:20171110004302p:image

蘇州の西側に位置していて、浙江省との境界になっています。

 

f:id:chanmanao:20171110004745j:image

f:id:chanmanao:20171110005031j:image

太湖。

 

さてさて、現在は上海蟹のシーズン真っ只中。本場は江蘇省の陽澄湖ですが、実は太湖も上海蟹の産地としては有名らしく、今年初の上海蟹をいただきました。

 

f:id:chanmanao:20171110015202j:image

大っきい。

 

食べるのが非常に面倒なのが玉に傷ですが、やはり味噌などはとても美味しいです。

 

ご馳走さまでした。

常州恐竜園→無錫へ

恐竜園のチケット自体は、大众点评を通して買いたかったのですが、身分証番号を入れる段階から、パスポートでは入力ができず、諦めて当日現地で買うことにしていました。

 

定価は230元/人、恐竜ホテル宿泊者には割引があり210元/人になります。

 

f:id:chanmanao:20171106032601j:image

ホテル内の専用(?)カウンターで買うことができます。

 

f:id:chanmanao:20171106032725j:image

どうでもいいことですが、恐竜とはなんの関係もない「熊出没」という、中国の国民的アニメに出てくる光头强・熊二・熊大というキャラクターの遊具がありました。

 

f:id:chanmanao:20171106033007j:image

さらにはキャラクターショーもあります。

 

f:id:chanmanao:20171106033148j:image

恐竜園に入場しました。興奮を抑えきれません!…などといった程ではありませんが、普通に楽しみです。

 

f:id:chanmanao:20171106033438j:image

いたるところに恐竜。

 

f:id:chanmanao:20171106033539j:image

本格的にエキサイティングな感じの立派な乗り物もあります。

 

f:id:chanmanao:20171106033746j:image

パレード(?)

 

本当は色んな乗り物にトライしたいところですが、国慶節ということもあり予想外に混んでいたのと、ジェットコースターなどは子供が乗れないため基本的に断念。なのでひとまず子供向けのエリアに移動。

 

f:id:chanmanao:20171106034122j:image

子供向けエリアであるDINO TOON。

 

f:id:chanmanao:20171106034509j:image

ハロウィン仕様になってました。

 

DINO TOONを散策して、ほどほどに遊んだものの、いまいち子供は恐竜園のことをあまり好きではなかったようで、残念ながら早々に退散することにしました。少し年齢的には早すぎたかな。。

 

f:id:chanmanao:20171106034915j:image

けっこう可愛い恐竜もいたのですが。。

 

f:id:chanmanao:20171106034607j:image

f:id:chanmanao:20171106035203j:image

出口に戻る途中で本格的なパレードもやってました。ディズニーに負けず劣らず。もう少し子供が大きくなったら、再訪したいと思います。

 

さておき、この日はそのまま江蘇省の無錫に一泊することにしていたため、退場後はタクシーで常州駅へ。往路は常州北駅、帰りは常州駅を利用しまして、復路は無錫立ち寄りです。

 

f:id:chanmanao:20171106035700j:image

常州駅。中国の駅はどこもバカでかい。

 

f:id:chanmanao:20171106035755j:image

高鉄無錫駅のホーム。常州→無錫へは約15分。

 

タクシーにて駅からホテルへ移動。無錫日航ホテルに宿泊したのですが、ホテル対面が観光スポットになっており、夕飯場所探しがてら散策。

 

f:id:chanmanao:20171106040145j:image

f:id:chanmanao:20171106041646j:image

非常にオシャレで好い雰囲気。

 

f:id:chanmanao:20171106040318j:image

あえて、というわけでもありませんが、名物などではなく、普通にラーメン食べております。

 

f:id:chanmanao:20171106040428j:image

国慶節仕様?かは分かりませんが、賑やかで楽しいエリアです。

 

f:id:chanmanao:20171106040537j:image

なんというか、上海でいう新天地みたいでしたね。非常に結構なお点前でした。

常州の恐竜園

江蘇省常州という場所に、「中華恐竜園」という遊園地があります。その名の通り、恐竜のテーマパークです。

 

ここには「ジュラシックパークザライド的」な乗り物もあるとの噂を聞いており、海外遊園地好きとしては気になっていたため、少し前になりますが、国慶節期間中に家族で行ってきました。

 

f:id:chanmanao:20171104221543j:image

高鉄の虹桥火车站から出発です。

 

行きは常州北駅へ。1時間弱程度で到着します。常州の高鉄駅は常習駅、常州北駅の2つがありますが、恐竜園にはどちらからいっても大差はありません。

 

f:id:chanmanao:20171104221825j:image

常州北駅。駅近辺には何もありません(たぶん)。恐竜園へはタクシーで15〜20分ほどです。

 

f:id:chanmanao:20171104222456j:image

今回は「恐龙城恐龙主题度假酒店」という、恐竜園に隣接しているホテルに一泊します。分かりやすく言えば、ディズニーランドとディズニーホテルのような関係性です。

 

f:id:chanmanao:20171104222953j:image

f:id:chanmanao:20171104223332j:image

ホテル、なかなかイケてます。子連れが多いですが、子供向けの遊び場もたくさんあり、我が家の娘もとても楽しそうに遊んでいました。

 

f:id:chanmanao:20171104223142j:image

f:id:chanmanao:20171104223223j:image

恐竜園とホテルの間は、ディズニーでいうイクスピアリのようになっていて、中式ファストフード、西洋ファストフード(マックやドミノピザ)に加え、日本食もあるなど飲食店のラインナップも豊富。アウトレットもあり、楽しいです。

 

f:id:chanmanao:20171104224028j:image

上海の美罗城にも入ってるどんぐり共和国(ジブリグッズ店。ここはたぶん本物)が!

 

f:id:chanmanao:20171104223624j:image

ぷらぷらしている時にあった小籠包の椅子。こうした中華テイストはいいですね。

 

f:id:chanmanao:20171104224334j:image

子供がいると日本食屋がやはり便利なので、夜ごはんは少し高級な雰囲気の日本食屋へ。そんなに高くもないです。

 

f:id:chanmanao:20171104224431j:image

尾道ラーメンを食べました。中国に来て尾道ラーメンというのは初めてで、置いてるのも珍しい気がします。

 

この日は到着が昼過ぎということもあり、恐竜園自体には入りませんでしたが、ホテル内で遊んだり、もしくは周辺の散策だけでも結構楽しめました。翌日の恐竜園への期待が膨らんでくる次第です。

蘇州へのプチトリップ 2日目

朝。

 

f:id:chanmanao:20171103071158j:image

ホテルの窓からは蘇州楽園が見えます。この遊園地は移転と聞いていたものの、結局どうなったんでしょうかね。去年のブログにも書きましたが、偽物のit’s a small world、行けるならまた行きたいものです。

 

chanmanao.hatenablog.com

 

さておき、この日は昼すぎの高铁で上海に帰る予定だったため、観光自体は午前中しかできないこともあり、一か所だけ、東洋のベニスとの異名を持つ蘇州らしい風景が見れる山塘街へ連れていっていただきました。

 

f:id:chanmanao:20171103072326j:image

山塘街。世界遺産(の一角ということだと思います)だったことに今気付きました。

 

f:id:chanmanao:20171103072422j:image

f:id:chanmanao:20171103072150j:image

f:id:chanmanao:20171103072458j:image

水郷の街らしい風景があります。

 

f:id:chanmanao:20171103072616j:image

スターバックスも趣が少し異なります。オシャレ。

 

上海から近く、見所がたくさんあって、ごはんも美味しい蘇州は非常好ですね。日本人学校もあるくらいなので、在住日本人の方々も多く、生活もしやすい街とのこと。義理父上もエンジョイされていた様子なので、とてもオススメです。

蘇州へのプチトリップ 1日目

奥様のお父上が上海にきてくださった際に、上海は観光地が少ないこともあり、プチトリップとして泊まりがけで蘇州へお連れしました。

 

仕事では蘇州によく行くものの、観光としては2回目です。

 

「上有天堂、下有苏杭」(天上には天国、地上には蘇州と杭州がある)といった言葉もあるくらいの蘇州は見所満載。前回の観光は去年の国慶節中だったため、中国名物の行列と大渋滞にやられた記憶が残っています。

 

さておき、上海から蘇州へは高铁で約30分程。蘇州在住の中国人の知人がアテンドしてくださるとのことだったので、蘇州駅で合流し観光スタート。

 

f:id:chanmanao:20171101022513j:image

f:id:chanmanao:20171101022622j:image

f:id:chanmanao:20171101022702j:image

留園。世界遺産。蘇州はたくさん世界遺産があります。

 

f:id:chanmanao:20171101023021j:image

f:id:chanmanao:20171101023608j:image

蘇州麺。琼琳阁面荘というお店に連れていってもらったのですが、しびれました。激しく美味しかったです。ローカル感満載ですが、麺だけなら5元/杯。プラストッピングなど。

 

f:id:chanmanao:20171101023850j:image

f:id:chanmanao:20171101023816j:image

f:id:chanmanao:20171101023941j:image

盘门。

 

などなど、ゆるりと回りました。

 

f:id:chanmanao:20171101024201j:image

f:id:chanmanao:20171101024349j:image

夜はアテンドしてくださった知人の奥様も合流し、おなじみ蘇州商業街の日本食屋にて、食べ放題。刺身食べても没问题。蘇州に来た時は必ず行くお店で、みなのお気に入りです。