ビギナー駐在員日記

海外ビギナーサラリーマンが海外赴任をすることになりました

内示後二年が経過しました

2016年の6月中旬に、出先(当時の担当業務関係のセミナー)で急に部長から電話かかってきて、「上海行ってきてね」と内示を受けたあの日から早2年が経ちました。

 

それまで僕は海外出張すら行ったことなかったのですが、

 

・日本人駐在員が一人だけの事業部門、オフィスへの異動

・初回出張時の引継(3日間)のみで、前任者が帰国

・周りは全員中国人(日本語できる人がいたのはありがたかったけど)

・僕自身は中国語できない

・直面する様々な問題(詳細略)

 

といった、海外初赴任の若手を送り込む先としては、正直言ってなかなかにハードモードな場所(だと思ってます)へと放り込まれることになった次第です。

 

ビザの関係などで正式赴任は9月だったため、厳密にはまだ2年は経っていないものの、一つの区切ではあるので、この2年弱の駐在生活のリアル(主に仕事関係)を少し書き綴ってみようと思います。

 

■仕事について

僕は会社に入ってから管理部門(会計)で過ごした時間が長く、中国でも同様に財務・会計といった管理畑の仕事をしてます。

日本にいた時は一実務担当者だったのに対し、こっちでは管理者としての役割が求められます。おそらくどの会社もそうだと思いますが、日本にいる時よりも1〜2階級は上がるイメージですね。

僕が中国で配属になった先は、大きくはないものの、一つの独立した法人であることから、特に金と数字を預かる立場として、良く言えば経営者ちっくな仕事ができるといった面はあるのですが、その分守ってくれる上司がたくさんいた日本の時とは異なり、直接的に諸々のプレッシャーがかかるようになった部分が多分にあり、特に最初の1年は相当にストレスフルでしんどかったです。(白髪増えたと中国人スタッフに心配された…)

まぁ今もストレスはヤバイですが、ちょっとこなれてきたといったところでしょうか…

 

■労働時間について

日本で働き方改革が声高々と叫ばれる一方、季節差はあるものの、相も変わらず激務上等な働き方をしています。

例えば平日は毎晩22時まで会社で働くことも多く、オフィスのセキュリティの関係で一回家には帰るものの、帰った後に家でも仕事をするといった状態です。土日も夜子供が寝た後に仕事してます。別にダラダラと仕事をやってるつもりはないんですけどね。。

結局駐在員に回ってくる仕事自体がどんどん増えているのが実情で、こなしてもこなしても終わらないといった状況に陥っており、時間的には間違いなく過労死ラインを超えてる(はず)…。ノートPCがあればどこでも仕事ができてしまうことや、携帯で会社メールが見れるようになってたことも良くないですね。便利だけど。

 

■言葉について

こと中国の日系企業では、日本語できる人もいるので、中国語はできなくても正直仕事はなんとかなるもんだと思います。

僕の場合は、財務部門で日本語ができるスタッフがいなかったことや(今はいる)、会社の会議がほとんど中国語で行われていることもあり、一年くらい経った頃から、向こうが喋ってることはなんとなく(細かいことは分からないにしても)分かるようになってきた感じかなと。もちろん会議中に中国語で発言するとかは正直全然出来ないし、喋るのは最低限だけですけどね。

結果的にラッキーだったと思うのは、日本語が出来ない中国人スタッフが周りに多かったということでしょうか。赴任当初はこれが大きな不安要素でしたが、例えばお昼ご飯をずっとこうした日本語の出来ない中国人スタッフと食べて、片言でもいいからお喋りしてきたことなんかは、すごく中国語の勉強になったと思います。

ちなみにこっちでは英語は全く使いません。まれに中国語と英語ができるといった人と接する機会があったりしますが、僕の英語レベルがお粗末すぎて、中国語の方がまだコミュニケーション取れるといった体たらくです。。これでもTOEICは800点越えしてるものの…やはり点数は多少あっても、喋る訓練・喋る環境下にないと、全く役に立たないということの良い見本かと思います。

 

■休暇について

労働時間は先に述べた通りめちゃくちゃなのですが、休み自体は比較的取りやすいです。休むと自らの首を絞める可能性もありますが、業務に支障がない限りは休暇を取ることは全く問題になりません。良くも悪くもここは自分の責任である程度決めることができます。(長期休暇とって旅行行きたい…)

 

■待遇について

上海のような外国人の多いエリアは物価が高いこともあり、物価指数に応じて給与水準が切り上がることをはじめ、日本にいる時よりはもらえる給与は多くなりますが、仕事の多さ・責任・プレッシャーを考えれば、金銭面で魅力的と言えるかは分かりません。

ただ、上海は住居費がとにかく高いのもあり、日本ではとても住めないような家賃のマンションに住むことができたりはします(家賃に対して釣り合いが取れる物件かは別、こんなマンションが億ション!?というようなのもたくさんある)。

 

■中国人とのお酒の付き合い方について

僕は酒があまり飲めないこともあり、酒も赴任当初の非常に大きな不安点でした。「飲めないなら徹底的に飲めないということ、中途半端に飲むのが一番ダメ」なんかもよく言われておりました。

実際どうか?北方はたしかにそうした文化が根強いとは聞くものの、「上海近辺では正直そこまでヤバいということもない」というのが個人的な感想です。

弱いながらも頑張って飲んでれば、中国人が受け入れてくれる度合いは違うように感じますし、中国人でも酒が弱い人はいるし(バケモノみたいに強いのも多いけど、まぁ日本も一緒か)、みんなで乾杯乾杯乾杯はもちろんあるものの、飲まないよりは飲んだほうが絶対楽しいですしね。

 

 

以上長々と書きましたが、要は正直しんどいことのほうが多いし、死ぬ程働いてる駐在生活だけど、とりあえず2年間はなんとかやってくることができました。

今後が長くなるのか短くなるのか、あとどれくらい中国駐在が続くかは全く分からないものの、これからはもう少し駐在員に対しても働き方改革を推進してもらって、仕事内容も見直して(ボリューム落としたい・疲れた)、休みをたくさん取って中国国内外問わず色んなところに旅行行きたいなぁ、ということが言いたかっただけです、はい。まぁもっと簡潔にいうと「休みほしい!旅行行きたい!」ということだけですね(結局これ)。

 

ではでは。

上海でドラえもん

「日本語でドラえもんの映画を見られる映画館があるって!」

 

との情報を妻が友達から聞いたらしく、同時に「アプリ(大众点评)でチケット買うと、一人37元になるらしい」との优惠も決め手となり、家族でドラえもんの映画を観に行くことにしました。

 

娘は今回が映画館デビュー、僕自身も中国で映画館行くのは初めてです。

 

f:id:chanmanao:20180610213510j:image

場所は家から歩いて10分くらい、古北1699という商業施設内にある比高影城(ビンゴシネマ)。

 

f:id:chanmanao:20180610213930j:image

ちなみにこの古北1699では空きスペースで絵の競売(?)をやっていたり、

 

f:id:chanmanao:20180610214041j:image

中国お馴染みの光景とも出逢うことができたりします。

 

 

f:id:chanmanao:20180610214323j:image

映画館はシネコンタイプで綺麗・清潔。なかなか悪くないですね。

 

f:id:chanmanao:20180610223637j:image

この自動取票機にアプリで押さえたチケット番号のQRコードをかざすと、チケットが発券される仕組み。

 

f:id:chanmanao:20180610222358j:image

大头儿子小头爸爸の映画版予告。

※上海来たばっかりの頃、家で中国のテレビ番組しか見れなかったことから、中国語の勉強がてらずっと見ていた思い出深いアニメ。

 

f:id:chanmanao:20180610223040j:image

ドラえもんの映画はこれ。

 

邦題は「映画ドラえもん のび太の宝島」ですが、中文だと「电影哆啦A梦 大雄的金银岛」になります(そのまんま)。

 

ちなみにキャラクターの名前自体は、

 

ドラえもん : 哆啦A梦(duolaAmeng)

のび太 : 大雄(daxiong)

しずかちゃん : 静香(jingxiang)

ジャイアン : 胖虎(panghu)

スネ夫 : 小夫(xiaofu)

 

となるようです。それにしてもジャイアンは「太った虎」か…。まぁ中国らしいダイレクトさで、伝えたいことは分かるけどね・・・

 

f:id:chanmanao:20180610225419j:image

映画本編スタート。

ちなみに総観客数は、我々家族3人も含めたベースで5人でした。ほぼ貸し切り。

 

 

さて今回一番面食らったのは、結果として映画が全編中国語(中国語吹替版)だったことですかね。おまけに字幕もなし。後で確認したら回によって日本語版だったり中国語版だったり変わるみたいで、今回はたまたま中国語の回を引いてしまったみたい。やっちまった~!

 

まぁ子供は楽しそうに見てたので結果オーライ、僕自身も思ったよりは内容聞き取れたので、中国来て1年半ちょっとの生活だけでも意外にバカにならないもんだなと思いました。

 

映画自体はなかなか面白かったですが、個人的に一番興奮したのは、有名な有名なジャイアンの名ゼリフ、

 

「你的东西就是我的东西,我的东西还是我的东西!(お前のモノは俺のモノ、俺のモノは俺のモノ!)」

 

をリアルに中国語で聞けたことですね!ジャイアニズム

小龙虾聚餐

中国において、春〜夏の季節(まさに今)にかけての旬の名物といえば「小龙虾」です。

 

主要所は南京。江蘇省安徽省が熱いらしいのですが、ここ上海でも大人気。特に若者が好んで食べるらしく、会社スタッフの某女性なんかは、深夜に我慢できなくなって、外卖(デリバリー)頼んじゃうくらい好きとのこと。

 

「そんな時間でも家まで持ってきてくれるのか!(そもそも家で食べるのか…)」というのはさておいて、小龙虾。何の食べ物か分かりますか?

 

日本の漢字では小竜蝦と書きますが、正解はこちら。

 

 

 

 

f:id:chanmanao:20180602001519j:image

ザリガニ。

 

 

中国赴任してから1年8ヶ月経つものの、実はいまだザリガニ食べたことないっすと言っていたら、上述ザリガニ好きの会社スタッフがザリガニパーティーに誘ってくれました。

 

場所は静安寺の久光百貨付近の「复茂」。复兴中路×茂名南路に本店があるからこの名前らしいですが、ザリガニと上海蟹ではとても有名なお店のようです。

 

f:id:chanmanao:20180602002713j:image

お店外観、可愛らしいフォントの看板が歓迎光臨。

 

f:id:chanmanao:20180602002940j:image

入口にあるザリガニの広告、否応無くテンション上がりまっす。

 

f:id:chanmanao:20180602021221j:image

店内は比較的小綺麗。

 

本来ザリガニ屋は屋台がメインで、上海にもザリガニ屋が立ち並ぶザリガニストリートなるエキサイティングな場所があったらしいのですが、強制的にクローズさせられるなど縮小傾向にあり、オールド上海な風情あるエリアはどんどんなくなってるみたいです。

 

話を戻すと、ここのお店の料理は基本的にザリガニ一択(上海蟹もあるけどシーズンではない)。メニューを見ると色んな味付け+ザリガニの大きさで値段が変わるみたいですが、全然よく分からず、とりあえずプロに全部お任せ。

 

注文後しばらく待っていると、

 

f:id:chanmanao:20180602003639j:image

招牌手抓虾!

 

きました。いやー、マジでザリガニっすね。見れば見るほどザリガニ。まじまじ見ると、食べる気なくしそう。剥き方(一匹自体は結構大きく見えるものの、食べれる部分はほんの一部のみ。爪も食べない人が多い)をレクチャーしてもらい、早速トライ。

 

これは・・・

 

ほぼ海老!おまけになかなか悪くない!

 

f:id:chanmanao:20180602005823j:image

ザリガニ(大)の清蒸。やたらと店員がプッシュしてきた一品(高いからと思われる)。注文すると、牛蛙(カエル)料理のサービスあり!

 

f:id:chanmanao:20180602010433j:image

十三香龙虾。

 

f:id:chanmanao:20180602014552j:image

十八香龙虾。

 

他にも麻辣や葱烤(ネギ炙り)、飘香(香ばしい)、蒜蓉(ニンニク)などたくさんの種類のザリガニ料理食べましたが、見た目も味も基本的にあまり変わらなかったような…。ただ、改めて写真を並べてみると結構強烈なインパクトですね。

 

f:id:chanmanao:20180602015857j:image

締めはザリガニ雑炊。

 

ザリガニは美味しかったけど、値段は安くない(むしろ結構する)し、剥くのも面倒くさいから、上海蟹と同じく季節の風物詩として、1〜2回/年くらい食べれば満足でしょうかね。

 

f:id:chanmanao:20180602020616j:image

お店出口。ではでは。

端午節と粽

来たる6月18日は端午節といって、数少ない中国の祝日の一つとなります。

 

中国ではこうした伝統的な祝日の際に、決まった食べ物を食べる習わしがあるのですが(例えば中秋節は月餅、清明節は青团など。地方によっても異なる場合あり)、端午節は粽を食べるというのが一般的です。

 

この季節になると、スーパーなんかでも粽が山積みされて売り出されてるのですが、正直自分でわざわざ買ってきて食べるのもなあ…と思っていたところ、折良く会社の福利厚生の一環で、

 

f:id:chanmanao:20180531002821j:image

粽セットが配られました!(桶タイプ!)

 

まぁ会議終わって自分のデスクに戻ったら、机の上にこの桶がどんと置かれてたので、最初は何事かと思いましたけどね。

 

f:id:chanmanao:20180531003412j:image

中には陶器の器とたくさんの粽が入ってました。「龍華寺」ということなので、お肉は使ってない粽ですね。

 

種類の内訳としては、

 

八宝粽×2

素肉粽×2

赤豆蜜枣粽×2

藜麦豆沙粽×2

菌菇板栗粽×2

 

で計10個。

 

漢字の字面だけでは、中身がよく分からない粽もありますが、どんなもんか気になりますね〜。去年の端午節は粽を食べずじまいだったので、今年こそは!

フィリピン 天国への階段②

極寒の夜行バスに揺られ、早朝7時にバナウェ着。果敢にも(というか長袖忘れただけ)半袖一枚で乗り込んだ後輩は心底しんどそうでした…

 

f:id:chanmanao:20180527213745j:image

f:id:chanmanao:20180527213833j:image

バナウェ。のどかな田舎街だけど、世界遺産の街でもあるので、欧米人旅行者をチラホラ見かけます。

 

f:id:chanmanao:20180529013520j:image

スケジュールに余裕がない僕らは、当日の夜行バスでマニラに戻らなきゃならず、ひとまずは先にバスチケットを確保。

 

f:id:chanmanao:20180529014859j:image

ジムニーというフィリピンのシンボル的な乗り物に乗って、街中から棚田のエリアであるバタッドまで移動します。ジムニーはタイのトゥクトゥクみたいなもんで、フィリピンではいたるところで走ってます。

 

f:id:chanmanao:20180529015810j:image

バタッド行き道中の、いかにもアジア的な過積載の風景。ってか落っこちるぞ、マジで。

 

f:id:chanmanao:20180529020834j:image

バタッド到着。Unesco Heritage Site!

 

とりあえずここまでは大した苦労なく来れましたが、ジムニーの駐車場↔︎棚田↔︎滝(棚田をさらに越えていくとある)の山道が相当しんどいです。しんどかったこと以外には特筆すべきこともないので省略しますが、このまま帰れなくなるんじゃ・・・といった恐怖が頭をよぎるレベルでしんどかったです。

 

そんなこんな、険しい山道をひたすら下っていくと、

 

 

 

f:id:chanmanao:20180529022151j:image

「天国への階段」こと「コルディリエーラの棚田群」に到着!

 

f:id:chanmanao:20180529022659j:image

棚田の中に入っていってもok!

 

f:id:chanmanao:20180529023117j:image

そこらへんの小屋にいる親父が案内してくれます(有料)!

 

f:id:chanmanao:20180529025545j:image

景色的には激しく絶景なのですが、天気が悪くて残念。行きにくさだけで考えても、ここはもはや秘境と言って良いレベルではないかと思います。

 

ついでに、ガイド(?)をしてくれた親父曰く「もう少し行くと滝があるけど行くか?」とのことだったので、行ってみることに。(結果的にめちゃくちゃ遠かった)

 

f:id:chanmanao:20180529030815j:image

滝!泳ぐことも可(後輩は泳いでた)で、頑張れば滝つぼまでいけます。

 

f:id:chanmanao:20180529032415j:image

「コルディリエーラの棚田群」にはもう二度と行くチャンスはないかもしれないけど、どうしても行ってみたかった場所だっただけに、今回行くことができて本当に良かった。自信をもっておススメできる旅行先です。

フィリピン 天国への階段①

フィリピンに「天国への階段」と呼ばれる「コルディリェーラの棚田群」という世界遺産があります。昔何かの本で写真を見てから、ずっと行ってみたいなあと思ってました。

 

f:id:chanmanao:20180526023602p:image

場所はマニラから約500キロ弱離れた「バナウェ」。

 

マニラまでは飛行機で行くだけですが、マニラ↔︎バナウェ間の交通は、調べた限りでは移動手段がバスしかなく、時間を有効活用するには夜行バス一択しかありません。

 

フィリピン=治安の悪さというイメージは少なからずあり、1人旅の夜行バスはちょっとビビったので、仲の良い会社の後輩も連れて行こうと思い声をかけたら「行きます!行く行く!」と即答。このあたり、できる男は違います。

 

ネットではバスの予約サイトがどうしても見つけられず(ない?)、とりあえず後輩(英語できる)に現地へ電話してもらい、夜行バスのチケットを確保。ちゃちゃっとマニラへ飛びました。

 

f:id:chanmanao:20180526102312j:image

マニラ、リサール公園。

 

マニラと聞くとちょっとネガティブなイメージあるかもしれませんが、フィリピン人はフレンドリーで、スペイン統治時代に建てられた教会があったり、街並も綺麗。フィリピン料理も悪くないです。

 

f:id:chanmanao:20180526203538j:image

f:id:chanmanao:20180526103353j:image

サン・アウグスチン教会。ここも世界遺産

 

f:id:chanmanao:20180526203900j:image

ヨーロッパ的街並。

 

f:id:chanmanao:20180528035159j:image

f:id:chanmanao:20180526103746j:image

インスタ映えしそうな色使いのレストラン。ごはんも美味しい。この他にもカジノがあったりと、観光するにも実は結構面白いです。

 

さて、バナウェまで行く夜行バス乗り場はマニラ中心部から少し離れたローカル感たっぷりな場所にあります。周囲は明かりも少なく、夜中歩くにはちょっと…な感じのエリアです。

 

f:id:chanmanao:20180526203609j:image

バナウェ行きのバス(OHAYAMI TRANS)乗り場付近のローカルエリア。ちょっぴりデンジャーな雰囲気。

 

f:id:chanmanao:20180528035232j:image

f:id:chanmanao:20180526203810j:image

乗り場は東南アジア的な緩い空気感でした。

 

バス自体は、アホなんじゃないかというくらい寒かったことを除けば、まぁまぁでしたかね。

 

f:id:chanmanao:20180526112444j:image

f:id:chanmanao:20180526120957j:image

バナウェまでの道中にあるSA的休憩場所。暗い…

 

22時頃にマニラ出発、バナウェ到着は翌朝7時頃です。続く。

魚蔵の海鮮丼と上海の刺身

噂には聞いてたけど、めちゃくちゃ悪くないですね!魚蔵。

 

f:id:chanmanao:20180525024808j:image

http://m.dianping.com/shop/5540915

 

f:id:chanmanao:20180525025132j:image

魚蔵海鮮丼/85元。

 

昼飯で85元は高いかなー、贅沢だなー、と思って注文したものの、普段一緒に昼飯食べてる中国人スタッフは、即決で僕より豪華な丼(ウニ・イクラ・ホタテがのってる北海道三色丼/115元)を注文していた。どうやら、とにかくウニが好きらしい。

 

ちょっと前の上海では、たとえ日本食屋だとしても刺身はあんまり(食いたくない)…といった感じだったみたいですが、今はどこの店でも相当ハイレベルの様相。

 

f:id:chanmanao:20180525031745j:image

こんな立派な刺身(魚蔵ではない)もありえるので、日本人的にはありがたい限りです。高いけど。